Entries

    日々の断想

    ダイエット

    263日目。

    体重62.5kg(20.0kg減)。体脂肪率17.3%(10.3%減)。


    ぼくのダイエット法はコチラ


    ダイエット指南のメルマガ発行してますダイエットの教科書@まぐまぐ


    認知行動療法ダイエットプログラム主催しています


    断想

    猫物語(黒)#1視聴。時系列的には化物語の前の話。月火との会話劇から羽川との会話劇へ。テーマは重い。

    猫物語(黒)#2視聴。忍登場(この時点では忍と名付けられていない)。ブラック羽川登場。パンツが伏線。

    猫物語(黒)#3視聴。とーてーもー重いテーマになってきました。ラストの阿良々木の台詞で台無しって意見が多いけど、あそこが一番かっこいいんじゃねーか―。わかってねーなー。あそこで覚醒できた阿良々木だから、偽物語でファイアーシスターズの正義を正義の味方ゴッコ=偽物って断言できたんだよ。

    猫物語(黒)#4視聴。ブラーヴォ素晴らしい。ここから化物語に接続される。つばさキャット、ってどういうエピソードだったか忘れたけどつばさファミリーのほうが断然面白い。比較するのも変だけど。




    そんな感じでセカンドシーズン・猫物語(白)#1、を再度視聴。そうか、はやり羽川の話は、つばさファミリー見てないと、ちゃんと理解できないな。

    セカンドシーズン・猫物語(白)#2を再度視聴。羽川、カウンセラー病みたいなものだな。すべてを受容して、「無条件の肯定的配慮」をあらゆるすべてのものに適用しなければならず、ときどきそれは日常生活にまで持ち込まれ、なにか受容できないものがあると自己否定をはじめ、自己否定から自己嫌悪に陥ればいいのだけど、ついつい受容できてしまうような「解決策」をスキルを使って見つけ出し、受容できるように「成長」してしまう。これは、もはや固有名を持った「誰か」を好きということと、人類を愛しているということの区別がつかない状態になってしまうという事態だ。「味があってもなくても食べ物はなんでも美味しい」というのは、狂気だ。

    セカンドシーズン・猫物語(白)#3視聴。会話劇をはさみつつもテクテク歩くようにストーリーが進む感じ。テクテク。

    セカンドシーズン・猫物語(白)#4視聴。あー、今回色々つめ込まれてたけど、こういう切ない話だったのかー。うわー。せつねーわー。

    セカンドシーズン・猫物語(白)#5視聴。つばさタイガー最終エピソード。物語(ナラティブ)としては通俗的だけれど、これは羽川つばさというナレーターの一人称の物語。物語シリーズで初めて、阿良々木以外の人物がナレーターをつとめる物語。ナラティブ・セラピーの観点から言えば、「過去の私も未来の私も私で一時足りとも私でない時などない」というときの私を手に入れて、その私を生き始めようとする、恢復の物語。その物語が、通俗的な家族物語であっても、恋の話でも、それは彼女には代替不可能な単独的な物語だ。




    関連記事
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://orangeprose.blog.fc2.com/tb.php/686-c0cfcc18

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    counter

    FC2ブログ

    ブログ

    リコメンド




    ノートンインターネットセキュリティ


    ブログランキング

    QRコード

    QR

    メールで更新を受け取る



    提供:PINGOO!

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる