Entries

    これどう思う?セブン-イレブンの「値札」のこと

    セブンイレブンに寄ったんですよ。

    飲み物かなんかを買うために。

    コンビニ行ったら、とりあえず雑誌コーナー眺めるじゃないですか。

    で、枡野俊明さん(僧侶で、かつ庭園デザイナーで、いろんな賞もとってて、環境デザインに関する大学の教授とかもやってる)の『禅、シンプル生活のすすめ』っていう三笠書房の文庫本があったんですよ。

    三笠書房の文庫って「知的生きかた文庫」とか書いてあって、手に取るの恥ずかしいじゃないですか。

    でも、まあ、ぼくは仏教徒で、といっても修行僧ではないんだけど、それも「ゴータマ教中村元派原始仏教原理主義」を自称してて、「ブッダ」は目指すものであって崇拝するものではないから「仏教」というのはおかしいと思っているし、浄土信仰や密教とか各宗派とかは仏教の「クライアント中心療法」的性質から出てきた不純物でしかないと思っているし、漢詩形式で漢訳された経典をそのまま読経するおまじない的宗教はゴータマの教えからかけ離れたものだと思っているし、そもそも「仏教」という単語自体、「ブッダ」の中国における音訳である「仏陀」から一文字借りてきただけなので日本人からすればまるで意味不明で「仏教」と「ゴータマの教え」はまったく関係のないものとさえ思っている。

    そんなわけで自分で作ってみたのが「ゴータマ教」なんだけど、このゴータマ教の教義には、「ブッダ(ゴータマ)の教えを理解した人々(「僧」と呼ばれる)が各地・各人で『クライアント中心療法』的に各宗派の作法に則って実践することを馬鹿にしてはならない。ゴータマの教えをどう解釈してみせているのかを学び取るべき、リスペクトの対象である」というのがあって、

    そんなわけで枡野さんにもリスペクトと関心はあるのですよ。


    で、ちょっと手にとってみた。

    裏表紙を見るとなんと……

    126円?

    126円?!

    「そうか~、セブンイレブンもブックオフ業はじめたのか~」

    と思うじゃないですか。


    「しかしセブンイレブン本体が古物商免許持っていても、この店舗が持ってないとまずいんじゃないの。。。あー、持ってるから『セブンイレブン内ブックオフ業』やれるのか、ここの店だと」

    とは思いましたが。


    で、安いので、中身もろくに確認せずに、買って帰りました。

    衝撃なのは、きっちり600円(税込)取られていたことでした。

    レシートみて「えっ!」と思ったので、問い合わせたら、

    「仕入れ日が1月26日という意味です。まずかったでしょうか……」

    とか言ってました。


    いや。まずいような気がするんだけど、もう読み始めちゃったし、そこそこ内容も良いので、いまさら返品したくないし、

    「いや……いいです……」

    って答えました。


    でも、気分は悪いですよね。

    「そもそも600円だったらカートに入れなかった」

    「でも126円だと思ったからカートに入れた」

    「読んでみたらそこそこ悪くない内容だった」

    「しかし600円の価値があるかって言うと……微妙。古本屋で350円ぐらいだったら買うかな」

    「とはいえ『読んで後悔はしていない』本を、値札に騙されたからとはいえ、入手できたのだから、騙されたのをむしろ歓迎するべき?いやいやいやいや……」


    くどいようですが、本の内容は悪くないんですよ。

    「600円を返して欲しい」とは思わない程度には。

    仏教系「癒し本」にありがちな、典拠を示さない落ち度はあるものの。

    (この手の本、ちゃんと参照文献載せれば、ちゃんと仏教を勉強しようという人増えると思うんだけど、編集の手間がかかってめんどくさいのかな)


    仏教的には、「縁起」(縁りて起こる)に叶っているから、受け入れるべきなんでしょうけど。


    でも、「そもそも600円だと知っていたら、購入はしなかった」という大前提があるから、しっくりこないですよね―。

    「縁起」をちゃんと解釈するなら、「騙して売ろうとした人がいた」「騙されて買っちゃった人がいた」という系列があって、両方得したと思えば良い、ということになるんだけど、

    セブンイレブン側は、「騙して売ろう」という意図はなかった。「もし『値札』を『価格が書いてあるモノ』だと勘違いしてしまったなら、返品しても良いですよ」と言っている。


    うーん。

    なにかがひっかかっています。

    Amazonで9円で買えます。

    関連記事
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://orangeprose.blog.fc2.com/tb.php/407-9f33c28b

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    counter

    FC2ブログ

    ブログ

    リコメンド




    ノートンインターネットセキュリティ


    ブログランキング

    QRコード

    QR

    メールで更新を受け取る



    提供:PINGOO!

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる