Entries

    ネスカフェ バリスタに負けた話。

    ぼくはコーヒーをやたら飲むので、ネスカフェ・バリスタは、気にはなっていたけれど、ドリップじゃないし、まさか買わないだろう、コーヒー愛好家としてあれを買ったら負けだろう、と思っていた。

    ……が、買った。

    nestle

    負けてしまった。

    敗因は、コーヒーを飲むスピードに、ドリップでは追いつかない点にある。

    ぼくは「ネスカフェ・エクセラ・無糖」900mlをスーパーでまとめ買いして、1日に2本ぐらい飲む。

    ドリップどころではない。ペットボトルの無糖のアイスコーヒーをラッパ飲みである。

    美味くはないけど、飲むスピードに追いつくにはこうするしかなかったのだ。

    無糖の900mlは、1本100円ぐらい。

    安いけど、バリスタなら、もっと安い。

    パウダーにはエコ&システムパック110gを使う。55杯いれられる。

    1杯あたり12円ちょっと(Amazonの定期便利用時)。

    nestle2

    こういうのを使う。

    一番外側の「OPEN」と書いてあるフィルムだけはがす。

    その下のフィルムは、はがしてはならない。


    と、その前に、使い始めの洗浄から。

    水をタンクに入れてセット。カップをセット。電源をオン。

    ボタンの色がグリーンになったら、カプチーノボタンを押す(左下)。

    nestle3

    お湯がガガーッと出る。お湯を捨てる。これを4回繰り返す。

    洗浄が終わったら、さっそくコーヒーをセットだ!

    nestle4

    頭をパカッと開く。この透明のケースをはずす。

    透明ケースのキャップをはずす。

    おもむろにエコ&システムパックをひっくりかえして、挿す!

    nestle5

    ドサーッと中身が入る。

    ちなみにエコ&システムパックの「底」に穴を開ければ、漏斗代わりになる。

    これを使えば、他のインスタントコーヒーも利用できる(自己責任:専用パック以外を使って故障したら保証がきかない)。

    nestle6

    ボタンの左下が「カプチーノ」で、左が「カフェラテ」、上が「エスプレッソ」、右と右下が普通のブラックコーヒー(量が違う。ちなみに量は自分で細かく設定できる)。

    今回は標準量140mlのブラックコーヒーにしてみた(コーヒーの濃さは自分で設定できる)。

    ちゃんとクレマも浮かんでいる。

    coffee

    感想:うまい


    オトンがカプチーノが飲みたいと言うのでカプチーノもいれてみた。

    ネスレブライトをあらかじめカップに投入。

    左下のボタンを押す。

    captino

    湯呑茶碗かよ!

    カプチーノはきっちり3色に分かれているのが綺麗だと思うので、透明のカップを使うとよろしかろうなのだ。


    まとめ。

    • 大量にコーヒーを飲むひとはあると便利
    • カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソ、普通のブラックに対応
    • パウダーチャージ用の容器の底に穴を開けて、別のインスタントコーヒーを使える(自己責任)
    • コーヒーパウダーをセットしないと、お湯が出る=インスタント味噌汁やカップ麺もいける
    • カフェラテ・カプチーノのときはネスレブライトをカップに入れておく
    関連記事
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://orangeprose.blog.fc2.com/tb.php/1735-80ea176a

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    counter

    FC2ブログ

    ブログ

    リコメンド




    ノートンインターネットセキュリティ


    ブログランキング

    QRコード

    QR

    メールで更新を受け取る



    提供:PINGOO!

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる