Entries

    【芭蕉忌】歳時記シニフィアン

    岩瀬農業高校
    • ばせを忌や高浜虚子はなにものぞ 秀雄
    • 一葉忌水仙枯るる初潮かな 秀雄

    【芭蕉忌(ばせうき)】時雨忌 桃青忌 翁忌(おきなき) ばせを忌

    旧暦十月十二日。俳人松尾芭蕉(一六四四~九四)の忌日。伊賀上野(三重県)の人。十月の異称時雨にちなんで「時雨忌」ともいう。貞門や談林の言語遊戯的な俳諧を革新して蕉風を樹立、「おくのほそ道」の旅では、辺境の歌枕に漂泊の詩心を探り、自然との感応を句作に打ち出した。元禄七年、上方の旅の途次、病を得、大坂で没。亡骸は遺言により近江膳所(ぜぜ)(大津市)の義仲寺(ぎちゅうじ)に葬られた。

    (角川学芸出版編『俳句歳時記 増補第四版 冬』(角川ソフィア文庫))

    芭蕉忌(ばせうき)(初冬)翁忌(おきなのき) 桃青忌(とうせいき) 時雨忌(しぐれき)

    【解説】陰暦十月十二日、俳人松尾芭蕉の忌日。芭蕉は伊賀国阿拝郡拓植村の人で、幼名を金作また半七と言い、俳名は初めは実名宗房後に桃青と号し、深川に庵を結び、一株の芭蕉を植えてから芭蕉と称した。北村季吟の門。

    藤堂家の臣であったが、官を辞して諸国を遊歴し、到る所で吟詠。句調は閑寂・幽玄・枯淡、蕉風を樹立して天下を風靡した。著書すこぶる多く紀行文・随筆・句選集などにおよび、俳諧の祖といってよいほどの偉業を成し遂げた。

    元禄七年(1694)、大阪御堂筋花屋仁左衛門方で門人に看護されながら没した。享年五十一歳。大津市膳所義仲寺に葬られた。

    (山口青邨編『新装 俳句歳時記 冬の部』(平凡社))

    芭蕉忌 翁忌(おきなき)・桃青忌・時雨忌・芭蕉会(ばしょうえ)・翁の日

    陰暦十月十二日、松尾芭蕉が大阪御堂筋の花屋方で、元禄七年(一六九四)に没した日。享年五十一歳、近江粟津の義仲寺に葬られている。芭蕉は俳諧を革新して蕉風を樹立、いわば俳諧の祖と言ってのいいほどの偉業をなしとげた人であるから、したがって俳人はこの日相集まり忌を修し、俳聖の俤(おもかげ)を偲ぶことが多い。

    翁忌・桃青忌とも言い、あたかも時雨月であり、芭蕉が時雨に寄せた思いをも偲んで、時雨忌とも言う。「芭蕉翁一周忌 おもひ出すけふの仏の寒かな」浪化(『浪化上人発句集』)。「時雨忌」と言い出す機縁は、早くもこれらの句がはらんでいる。

    「氏の像に謁す 芭蕉会(ゑ)と申(まうし)そめけり像の前」史邦(『小文庫』)の作があり、三回忌ごろから芭蕉会、または芭蕉忌と言い始めたか。三回忌の句は外に、「羽氷る蝶もかなしき其日(そのひ)かな」浪化(『浪化上人発句集』)、「今更に袖を絞るや冬桜」桃隣(『古太白堂句選』)、七回忌には、「霜時雨それもむかしや坐興庵」嵐雪(『玄峰集』)などの作がある。

    天明に至ると、「ばせを忌に薄茶手向(たむく)る寒さ哉」樗良(ちょら)(『樗良発句集』)、「ばせを忌や飯をゆかりの茶に染ん」蓼太(『蓼太句集』)、「この日数の故人をおもふしぐれかな」白雄(『白雄句集』)、「義仲寺芭蕉碑前 障子まで来る蠅もあり翁の日」暁台(『暁台句集』)、「東武にありて深川芭蕉庵の正当会に 芭蕉忌や木曽路の痩も此ためぞ」几董(きとう)(『井華集』)、「時雨音なくて苔に昔を忍ぶ哉」蕪村(『新五子稿』)、「痩像に魂を入るか小夜しぐれ」青蘿(同)、「さびしをりけふは教をしぐるゝか」闌更(同)などと詠まれ、正風復興の時代思潮を示している。

    その後も、「世にふるはさらにませをの時雨哉」士郎(『枇杷園句集』)、「ばせを会に瓢の底をたゝきけり」成美(『成美家集』)、「翁忌や鴈(がん/かり)も平話な並び様」一茶(『七番日記』)、「その松に昔問はゞや桃青忌」吟江(『古き姿』)、「露哉庵にて 芭蕉忌や互に円き壁の影」沾峨(『吐屑庵句集』)などと詠みつがれた。

    (山本健吉『基本季語五〇〇選』(講談社学術文庫))
    • 障子まで来る蠅もあり翁の日 暁台
    • 芭蕉忌や鳩も雀も客の数 一茶
    • 芭蕉忌や遠く宗祇に遡る 高浜虚子
    • 芭蕉忌に芭蕉の像もなかりけり 高浜虚子
    • 芭蕉忌や弟子のはしなる二聾者 村上鬼城
    • 翁忌やおきなにまなぶ俳諧苦 久保田万太郎
    • ハイカイはフランスにあり翁の忌 阿波野青畝
    • 芭蕉忌やはなればなれにしぐれをり 加藤楸邨

    *宗祇=そうぎ、二聾者=ふたろうじゃ


    この文章を書いている2015年11月23日は、陰暦10月12日で【芭蕉忌】である。

    ついでに11月23日は、樋口一葉の【一葉忌】でもある。この人は明治5年に生まれて24歳で亡くなっているから、現行の太陽暦で偲ぶ。

    さらに、二十四節気でいう【小雪(しょうせつ)】で、ようするに【立冬】の15日後である。【小雪(しょうせつ)】は初冬の季語で、【小雪(こゆき)】は晩冬の季語なので、気をつけたい。


    芭蕉の俳号が芭蕉になったのは、深川(現在の東京都江東区)の庵に移り住み、一株の芭蕉を植えてからである。芭蕉の俳号はいくつかあるが、芭蕉のひとつ前は桃青だった。ゆえに【桃青忌】ともいう。

    上に引用した歳時記を平行して読むと、面白いことに、角川と平凡社(山口青邨)が「陰暦十月の異称が時雨だから/にちなんで」【時雨忌】という、としているのに対し、山本健吉は「あたかも時雨月であり(なおかつ)芭蕉が時雨に寄せた思いをも偲んで」【時雨忌】という、としているところだ。

    これがなにが面白いのかというと、山本健吉の『基本季語五〇〇』は、ぼくも大変お世話になっている、非常に気合の入った概説書なのだけど、【時雨】の解説がやたらと長い。文庫本で四ページ半ある。同じぐらい長い解説は、秋の季語【花野】だけである。そこで【時雨】と松尾芭蕉が、ひいては『後撰和歌集』以来の日本の季感が極太のラインで結び付けられている。

    ようするに、山本健吉の【時雨】にかける情熱は、過剰なまでに、熱いのだ。

    【時雨】については、記事を改めて取りあげようと思うが、面白いのでちょっとだけ引用してみる。


    ことに「神無月ふりみふらずみ定めなき時雨ぞ冬のはじめなりける」よみ人しらず(『後撰集』巻八)が、時雨の本意をよく詠み取った名歌として喧伝されると、時雨はいよいよ神無月の景物として感じられるに至った。

    (略)

    前掲『後撰集』の一首が「ふりみふらずみ定めなき」と読みとったことから、時雨といえば、人生の定めなさ、はかなさを併せて感じ取るようになってきた。一首の歌が、名歌として喧伝されたことが、やがて感じ方の伝統をつくり、季感を固定させる力を持ってくるのだ。

    山本健吉『基本季語五〇〇選』(講談社学術文庫)

    時雨というのは、冬のはじめに、北からやってきた雨雲が山の峰々にあたって雨を降らし、その水蒸気が山を越えて、京都のような地形の土地にほんの少しだけにわか雨が降る現象のことである。

    「京都のような地形の土地に」という点が重要で、ようするに「時雨」と名指されうるような現象が生じ、それが「時雨」とじっさいに名指されたのは、平安時代の京都であって、他は「模倣」だというわけだ。

    さらにもっと重要なのは、時雨の季感が発生したこと、つまり時雨に際して「ああ、冬だなあ」と感じるようになった、その感じ方は、「神奈月ふりみふらずみ定めなき時雨ぞ冬のはじめなりける」という歌が作り上げたものだ、ということだ。

    20世紀の社会学者、メディア論者みたいなことを言っている。


    室町の戦乱時代になると、時雨に託して人の世の定めなさを詠もうとする傾向はいっそう強まっている。『新撰菟玖波集(つくばしふ)』に、「応仁の比(ころ)、よのみだれ侍(はべ)るに、あづまに下りてつかうまつりける 雲はなを定めある世の時雨かな」権大僧都心敬(ごんだいそうずしんけい)、「其比(そのころ)信濃にて  世にふるもさらに時雨の宿りかな」宗祇(そうぎ)法師。流離の境涯と、人生の無常迅速と、時雨の定めなさが、一句のなかに融け合い、時雨はただの自然現象でなく、人生の象徴であった。この宗祇の句の本歌は、「世にふるは苦しきものを慎の屋にやすくも過ぐる初時雨かな」二条院讃岐(『新古今集』巻六冬歌)である。

    (略)

    人生を逆旅(げきりょ)と見る中世の無常観が、「時雨」の季語に、本来は具わっていなかったさまざまの意味や匂いを加え、それは芭蕉の句にも濃厚に流れこんでいる。宗祇の句を換骨奪胎した芭蕉の「手づから雨のわび笠をはりて 世にふるもさらに宗祇のやどり哉」(『虚栗(みなしぐり)』)の句も、「宗祇の宿り」「時雨の宿り」「仮の宿り」のあいだにおのずから通い合うものを認めた、人生的詠嘆であった。「猿蓑は新風の始、時雨は此集の美目」(『去来抄』)と去来は言っているが、芭蕉の心の代弁と言ってよく、和歌以来の「雪・月・花」に準じて、ひえ・わび・さびを主とする連俳の景物と定めた物が感じられる。『猿蓑』の巻頭には、芭蕉の「初時雨猿も小蓑をほしげなり」をはじめ、蕉門の作家十三名の時雨の句が、ずらりと並べられている。陰暦十月十二日に死んだ芭蕉の忌日を「時雨忌」と言っている。芭蕉は、時雨の伝統的な季感を尊重したが、さすがに古い型通りの人生詠嘆からは、一歩出ているのである。

    (同前)

    まず、宗祇法師の作った

    • 世にふるもさらに時雨の宿りかな 宗祇

    があった。そこで【時雨】は人生的詠嘆(「時雨の宿り」=「仮の宿り」=現し世=夢の夢)をそのコノテーション(共示)に含まれるようになった(室町時代)。

    さらに、「人生を逆旅と見る中世の無常観」が近世の芭蕉にまで受け継がれ、「宗祇の句を換骨奪胎した」芭蕉の次の句が作られる。

    • 世にふるもさらに宗祇の宿り哉 芭蕉

    芭蕉は「古い型通りの人生詠嘆からは、一歩出ている」とまで、山本は言う。


    あまりここで書きすぎると【時雨】の記事で言うことがなくなってしまうが、もうひとつ、いまの引用中で注目したいのは、去来の言葉を引いて、「ひえ・わび・さび」が連俳の景物と定められたという点だ。

    「わび・さび(侘・寂)」は今でもよくきくのだけど、もともとは「ひえ・わび・さび」と3つでセットだった。

    この「ひえ(冷え)」は「冷え枯れ」「冷え痩せ」などとよく使ったのだが、たぶん、これは妄想だけど、「枯れて冷え冷えとしている」とか「痩せて冷え冷えとしている」とかは、「寂」ともいえるし「侘」ともいえるし、というわけで、吸収合併されてしまったのかな、などと想像する。文献学的に調べたわけじゃないけど。

    でも、「冷え」はぼくは重要だと思っていて、幽霊画がしばしばモチーフになったように、現代だと「ホラー句」なんて言い方があるけど、侘も寂もないが、冷えはある、という俳句をとても面白いと思っている。



    あっそうだ、平凡社の歳時記が欲しいです。どなたか、ください。





    関連記事
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://orangeprose.blog.fc2.com/tb.php/1720-5de7b585

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    counter

    FC2ブログ

    ブログ

    リコメンド




    ノートンインターネットセキュリティ


    ブログランキング

    QRコード

    QR

    メールで更新を受け取る



    提供:PINGOO!

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる