Entries

    若者のガム離れを憂う

    candy

    先日若者のかまぼこ離れを憂うという記事を書いたばかりだが、なんと今度は「ガム離れ」である。

    若年層のチューインガム離れが進み、ガムの需要全体が縮小の一途をたどっている。


    国内販売額は2013年まで9年連続で前年を割り込み、ピークだった04年の1881億円と比べて3分の2に減少。危機感を募らせた製菓各社は、新商品の投入やヒット商品のリニューアルだけでなく、ガムに親しみをもってもらうための啓発活動にも取り組んでいる。ただ、需要を奪ったのはスマートフォン(高機能携帯電話)だという想定外の調査結果もあり、需要の底上げには従来にはない新機軸の対策を迫られている。

    なんと、スマホのせいで、若者がガムを噛まなくなったという。


    まったく、近頃の若い者は、スマホなんかをかじってばかりいて、骨がない。

    液晶なんか、いかにも身体に悪そうである。

    このままでは日本の将来が危ない。


    ガムといえば、いまでは私はまったくといって口にしなくなったが(糖質が高いため)、若い頃は、それはもう、噛みまくっていた。

    「歯磨きガム」をご存知だろうか?

    たんにシュガーレスだというだけでなく、特殊な粘着力のある素材を使っていて、噛むだけで歯についたカスをとってくれる、それはすばらしい画期的なガムだった。

    この特徴をよく知らず、たんに糖分控えめのガムだと主張していた女がいた。まったくけしからん女だ。このガム性の違いが原因で、その彼女とは1年後に別れた。


    あの「歯磨きガム」が復活してくれれば、私は毎日噛むだろう。



    まったく関係のない話だが、多忙は怠惰の隠れ蓑とはよく言ったもので、8月上旬にはデプロイしているはずのWEBアプリがまだ完成していない。

    今日はまとまった時間がとれたため、ローカル開発環境ではほぼ完成まで近づけることができた。

    20日の朗読会で配られるパンフレットにURLつきの広告を出稿してしまったので、なんとか間に合わせたい。

    ドメインはとってあるが、まだデプロイしていない。

    Herokuで運用する。

    Herokuならデプロイに1分もかからないだろうと思うかもしれないが、CDNを使ってゴニョゴニョしたりCNAMEの裏ワザを試したりメールサーバのプラグインを試したりと、いろいろ「やってみないとわからない」ことが盛りだくさんで、正直、公開できるのか、不安である。

    どうしても間に合わないようなら、VPSでふつーに運用すればよいのだが……。

    無料はやはり魅力的だからなあ。

    関連記事
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://orangeprose.blog.fc2.com/tb.php/1224-fe71c7a6

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    counter

    FC2ブログ

    ブログ

    リコメンド




    ノートンインターネットセキュリティ


    ブログランキング

    QRコード

    QR

    メールで更新を受け取る



    提供:PINGOO!

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる