Entries

    状況と問題:アジャイルに効くアイデアを組織に広めるための48のパターン

    Fearless Change

    マリリンとリンダによる『Fearless Change アジャイルに効くアイデアを組織に広めるための48のパターン』(原題は"Fearless Change: Patterns for introducing New Ideas")は、2005年に原著が出版され、今年2014年に邦訳が出ている。

    10周年となる来年2015年には、続編となる電子書籍が出るようだが、本書は「プチ古典化」しており、けして現時点でも古びていない。来年の続編は、本書が「役に立った」と実感した多くの読者が手に取るだろう。

    本書は、かんたんにいえば、「組織を、アジャイルに、うまくいかせるための、パターン・ランゲージ」である。

    本書の付録には、「パターンのリスト」があり、それぞれのパターン(タイトル通り、48ある)の「要約」の項目がリスト化されている。

    邦訳独自の工夫によって、「全体に関わるパターン」「序盤の活動に関わるパターン」「中盤以降の活動に関わるパターン」「抵抗と付き合うためのパターン」に分類されている。

    このリストは、これはこれで使い勝手がよいが、それぞれのパターンには、「状況」という項目と、「問題」という項目がある。つまり、どういう状況にあって、どういう問題にあるならば、このパターンを使うことを検討すべきだ、という指針が一目瞭然になっている。

    「要約」のリストは、どんなパターンがあるのか、うっかり忘れたころに、リマインダとして有用になるかもしれないが、「問題となっている現状」という切り口から、本書のどのページを開けばよいのかがわかれば、もっと使い勝手がよくなるだろうと考えた。

    そこで、本書の付録「パターンのリスト」に付け加える形で、「状況と問題」だけ抜書きしたリストを作っておくことにする。

    といっても、「状況」のほとんどは、「あなたはエバンジェリストであるか正式な推進担当者である」となっていて、そんな当たり前のことを言われても、と感じるかもしれない。


    長い前置きはアジャイルにふさわしくない。さっそくリスト化していこう。


    1 エバンジェリスト (Evangelist)


    状況
    あなたは新しいアイデアに胸が高鳴っている。そしておそらく、あなたはイベントに参加したり、雑誌や本を読んだりして色々なことを学び始めるだろう。あなたは、そのアイデアが自分の組織にとって価値あるものになると確信しており、アイデアを広めていきたいと考えているところだ。
    問題
    あなたは新しいアイデアを推進していきたいが、何から始めるべきかわからない。

    2 小さな成功 (Small Successes)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)である。この本のいくつかのパターンを適用しており、いくつかはうまくいっているが、ほかはうまくいっていない。
    問題
    すべての組織変革の取り組みは山あり谷あり。困難な道のりとなる。

    3 ステップバイステップ (Step by Step)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)だ。予備調査(4)や振り返りの時間(5)を適用した。その結果、あなたの組織がその新しいアイデアに興味をもっていることがわかった。
    問題
    組織に新しいアイデアを導入するのに、どんな計画を立てればよいのか迷っている。

    4 予備調査 (Test the Waters)


    状況
    あなたは新しいアイデアに興奮しており、あなたの組織においてエバンジェリスト(1)になりたいと考えている。
    問題
    あなたが新しい何かについて学ぼうとするときには、それが組織に合うかどうか、まだわからない。

    5 ふりかえりの時間 (Time for Reflection)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)か正式な推進担当者(29)であり、組織へ新しいアイデアを紹介しようとして予備調査(4)をしているところだ。
    問題
    何重にも重ねた思いこみに基づき、私たちは同じ思いこみや同じ間違いをする。

    6 協力を求める (Ask for Help)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)または正式な推進担当者(29)だ。組織に新しいアイデアを導入しようと働きかけているところだ。
    問題
    新しいアイデアを組織に導入するという仕事は、大きすぎて一人の手には負えない。とくにコツを知らない初心者にはとても大変なことだ。

    7 ブラウンバッグ・ミーティング (Brown Bag)


    状況
    あなたが、新しいアイデアを紹介するためのミーティングを開きたいと考えているエバンジェリスト(1)もしくは正式な推進担当者(29)だとしよう。コミュニティには、自由に時間が取れる人もいればそうでない人もいる。
    問題
    就業中の任意のミーティングに参加するには忙しすぎるということもあるだろう。

    8 コネクター (Connector)


    状況
    あなたが、組織に新しいアイデアを導入するために働くエバンジェリスト(1)もしくは正式な推進担当者(29)だとしよう。あなたは新しいアイデアを知らしめるべくすでにあれこれと実施しているが、まだまだ十分ではないと思っている。
    問題
    あなたの組織は規模が大きすぎて、すべての人と個人的にコンタクトするのは不可能だ。

    9 何か食べながら (Do Food)


    状況
    あなたは、新しいアイデアを導入するためのミーティングを招集しているエバンジェリスト(1)もしくは正式な推進担当者(29)だ。ユーザーコミュニティのメンバーは参加自由だ。あなたには、あなたの個人的な寄贈や、身近な支援者(35)や経営者の支持者(28)からの資源がある。
    問題
    たいていの場合、ミーティングとはごくありふれた、人間味のないイベントだ。

    10 電子フォーラム (e-Forum)


    状況
    あなたは組織に新しいアイデアを導入しようとしているエバンジェリスト(1)もしくは正式な推進担当者(29)だ。
    問題
    新しいアイデアに興味をもつかもしれない人々と定期的な接触を始め、管理する必要がある。

    11 アーリーアダプター (Early Adopter)


    状況
    あなたは組織に新しいアイデアを導入しようとしているエバンジェリスト(1)もしくは正式な推進担当者(29)だ。あなたの新しいアイデアを支援してくれるイノベーター(16)が数人いる。
    問題
    組織内に新しいアイデアのインパクトをもたらすために数人の支援者だけでなく、もっと多くの人々の関心を集めなければならない。

    12 外部のお墨付き (External Validation)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)または正式な推進担当者(29)として、新しいアイデアの導入を進めようと考えているところだ。そしてまわりには、そのアイデアに関して記事を書いたり発行しようとしている人がいる。
    問題
    人は新しいアイデアを受け入れる前に、そのアイデアには組織の外部からのお墨付きがあるのか確かめたくなるものである。

    13 グループのアイデンティティ (Group Identity)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)や正式な推進担当者(29)だ。あなたはブラウンバッグ・ミーティング(7)やカフェテリアや廊下での非公式なミーティングを開催済みだ。
    問題
    人々が活動の存在を認識していないと、新しいアイデアを導入するのが難しくなる。

    14 達人を味方に (Guru on Your Side)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)または正式な推進担当者(29)で、新しいアイデアを組織に導入しようとしている。
    問題
    組織内の人々は、尊敬する同僚の支持を得ていない新しいアイデアには興味をもとうとしない場合がある。

    15 空間を演出する (In Your Space)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)または正式な推進担当者(29)として、新しいアイデアの導入を進めようと考えているところだ。
    問題
    思い出すきっかけがなければ、新しいアイデアは忘れ去られてしまう。

    16 イノベーター (Innovator)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)または正式な推進担当者(29)として、これから組織に新しいアイデアの導入を進めようとしているところだ。
    問題
    組織の中に、新しいアイデアを最初に活性化してくれる人々が必要だ。

    17 やってみる (Just Do It)


    状況
    あなたはエバンジェリストの卵で、新しいアイデアを使いたいと考えている。組織内のほかの人たちに新しいアイデアのことを広めたいと思っているが、このアイデアがどんな結果をもたらすか、まだ十分にはわかっていない。可能性だけに則って話をすると、あなたがまだ答えを知らないことについて質問を受けることになるだろう。
    問題
    あなたは、うまくいきそうな、いいアイデアをもっている。しかし、まだそれを実際に使った経験はない。それは組織に役立つイノベーションだと信じてはいるが、確証をもつには至っていない。

    18 感謝を伝える (Just Say Thanks)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)または正式な推進担当者(29)だ。周囲の人はあなたが組織に新しいアイデアを導入する手助けをしてくれている。
    問題
    人が自分自身の存在価値を感じられないのはどんなときだろう? それは、どんなに一所懸命働いても、誰も気づかず、気遣ってもくれないときではないだろうか。

    19 次のアクション (Next Step)


    状況
    あなたは新しいアイデアを組織に紹介するプレゼンテーションもしくはミーティングを行っている。
    問題
    研修中のプレゼンテーションやそのほかのセッションで、参加者が学んだことをどう活かすべきか、不明瞭なままになることがある。

    20 個人的な接触 (Personal Touch)


    状況
    あなたは組織に新しいアイデアを導入しようとしている、エバンジェリスト(1)あるいは正式な推進担当者(29)だ。
    問題
    プレゼンテーションとトレーニングは、新しいアイデアに対する好奇心と関心を刺激するが、それ以上のことをやらねばならない。ほとんどの人にとって、古い習慣は、そう簡単には変えられないものだ。

    21 便乗 (Piggyback)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)か正式な推進担当者(29)だ。組織の中に、新しいアイデアに関連した慣習がいくつかある。
    問題
    新しいアイデアの導入にはいくつもの手順や障害を乗り越える必要があるが、あなたはもっと簡単な方法を探している。

    22 種をまく (Plant the Seeds)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)か正式な推進担当者(29)として新しいアイデアを組織に導入している。アイデアについて、いくつか印刷された資料がある。
    問題
    新しいアイデアに対する興味をかきたてたい。

    23 適切な時期 (The Right Time)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)か正式な推進担当者(29)として新しいアイデアを組織に導入しようとしている。
    問題
    締め切り直前で、やるべきことがあふれてしまったときは、必須のタスクをこなし、締切りに間に合わせることばかりに集中しがちだ。

    24 定期的な連絡 (Stay in Touch)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)か正式な推進担当者(29)として新しいアイデアを組織に導入しようとしている。ひとにぎりのキーパーソンたちがあなたに興味を示している。
    問題
    主要な支援者たちは、あまりに多くの懸案事項を抱えており、あなたの新しいアイデアのことをつい忘れてしまうかもしれない。

    25 勉強会 (Study Group)


    状況
    組織内のあなたやほかの人は新しいアイデアについてもっと学びたいと考えている。そこには、トピックに関する、本やほかの文献などのいくつかのリソースがある。
    問題
    あるトピックを学ぶための正規の研修予算は、少ししかなかったり、まったくない場合がある。

    26 テイラーメイド (Tailor Made)


    状況
    あなたは正式な推進担当者(29)で、あなたの新しいアイデアが相手にとってどのように有用かを示すために個人的な接触(20)を利用している。
    問題
    個人をおもしろいアイデアに興味をもたせることはできるが、組織に影響を与えるにはアイデアがおもしろいだけでは不十分だ。

    27 著名人を招く (Big Jolt)


    状況
    あなたは組織に新しいアイデアを導入するために働く正式な推進担当者(29)だ。
    問題
    あなたは組織の中で、新しいアイデアが注目されるように活動してきた。しかしあるところまで来ると、その取組みに対してさらに関心をよぶ必要に迫られる。

    28 経営層の支持者 (Corporate Angel)


    状況
    あなたは組織に新しいアイデアを導入しようとしているエバンジェリスト(1)もしくは正式な推進担当者(29)だ。あなたはブラウンバッグ・ミーティング(7)を開催してきて、身近な支援者(35)からの賛成を勝ち得ている。
    問題
    現場の管理部署からのサポートによっていくらかは配慮と資源が与えられるだろう。しかし、さらに影響を与え続けるためにはもっと上層からのサポートが必要だ。

    29 正式な推進担当者 (Dedicated Champion)


    状況
    あなたは、身近な支援者(35)や経営層の支持者(28)からの支持を首尾よく得ているエバンジェリスト(1)だ。
    問題
    新しいアイデアの組織導入を効果的に進めたいなら、ボランティアには荷が重い。

    30 アーリーマジョリティ (Early Majority)


    状況
    あなたは組織に新しいアイデアを導入しようとしているエバンジェリスト(1)もしくは正式な推進担当者(29)だ。あなたはイノベーター(16)とアーリーアダプター(11)の協力を受けている。
    問題
    イノベーターとアーリーアダプターの協力により新しいアイデアは活気づくだろうが、もっと本当に影響を与える必要がある。

    31 達人のレビュー (Guru Review)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)または正式な推進担当者(29)で、新しいアイデアを組織に導入しようとしている。
    問題
    経営層と開発者の一部は協力的だが、そのほかの人々は価値あるアイデアであるという何らかの保証がない限り関わりをもちたがらない。

    32 体験談の共有 (Hometown Story)


    状況
    あなたは正式な推進担当者(29)として、新しいアイデアの導入を進めようと考えているところだ。
    問題
    新しいアイデアをまだ使ってない人たちは、ほかの人がそれを使ってうまくいっていることに、まだ気づいてないかもしれない。

    33 みんなを巻き込む (Involve Everyone)


    状況
    あなたは正式な推進担当者(29)として、パターンの導入を進めているところだ。そしてあなたには、少し後押しすれば導入を協力してくれそうな仲間がいる。
    問題
    あなたは、助けを求めるときでさえ、あまりに多くのことを背負っている場合が多い。新しいアイデアにそこまで価値を感じていない人は、そのことをあなたの一人芝居だと思ってしまうかもしれない。

    34 ちょうど十分 (Just Enough)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)または正式な推進担当者(29)で、組織内に新しいアイデアに関する情報を広めようとがんばっているところだ。
    問題
    人は初めて新しいコンセプトに接したとき、その難解で複雑な概念に圧倒されてしまう。

    35 身近な支援者 (Local Sponsor)


    状況
    あなたは、組織に新しいアイデアを導入しようとしているエバンジェリスト(1)だ。
    問題
    新しいアイデアを導入するには、関心をひくこと、そしてリソースが必要だ。

    36 場所重要 (Location, Location, Location)


    状況
    あなたは平日または丸1日がかりのセミナー等のイベントを開催しようとしているところだ。
    問題
    仕事の現場で何かイベントを開催しようとすると、参加者はすぐ自分の仕事に気を取られてしまい、イベントに集中できなくなる。

    37 メンター (Mentor)


    状況
    あなたは正式な推進担当者(29)で、組織に新しいアイデアを導入しようとしているところだ。プロジェクトチームはこの新しいアイデアに興味をもってはいるが、チームメンバーのうち一部または全員がそのアイデアになじみがない。
    問題
    みんな新しいアイデアをプロジェクトに使いたがっているが、どうやって始めればいいのかわからない。

    38 謁見 (Royal Audience)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)か正式な推進担当者(29)である。著名人を招く(27)の招待者には、招待する時間帯の前後、日中や夜間に多少の空き時間がある。
    問題
    著名人を招待したならば、機会を最大限に活かしたい。

    39 相談できる同志 (Shoulder to Cry On)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)か正式な推進担当者(29)として新しいアイデアを組織に導入している。
    問題
    新しいアイデアを導入しようともがいているときは、くよくよと悩みがちになる。

    40 成功の匂い (Smell of Success)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)か正式な推進担当者(29)として新しいアイデアを組織に導入しようとしている。また、少なくともある程度の成功体験がある。
    問題
    成功し始めると、新参者がイノベーションについてあなたに尋ねてくるようになる。

    41 勢いの持続 (Sustained Momentum)


    状況
    あなたは正式な推進担当者(29)だ。新しいアイデアの組織への導入が少し進んだところだ。
    問題
    やらなければいけないたくさんのタスクがあると、新しいアイデアの導入に関するタスクは後回しにしよう、という誘惑に駆られる。そうなると、あなた自身や周囲の人も、新しいアイデアへの関心を失ってしまうかもしれない。

    42 トークン (Token)


    状況
    あなたは正式な推進担当者(29)で、新しいアイデアに興味をもってもらおうとしている。あなたのもつ資源は限られている。
    問題
    人々はある話題を初めて聞いたときは熱中したとしても、翌日には興奮したことを忘れ、熱中度はすぐに弱まる。

    43 橋渡し役 (Bridge-Builder)


    状況
    あなたが、組織に新しいアイデアを導入するために働くエバンジェリスト(1)もしくは正式な推進担当者(29)だとしよう。組織内の何人かがすでに新しいアイデアを受け入れている一方、そうではない人もいる。
    問題
    相手がものすごく熱心な支持者であろうと、相手をよく知らなかったり信頼関係がなければ、話を聞こうとしない人もいる。

    44 懐疑派代表 (Champion Skeptic)


    状況
    あなたはみんなを巻き込む(33)ことを目論むエバンジェリスト(1)または正式な推進担当者(29)だ。恐れは無用(46)や橋渡し役(43)を使って、懐疑派が新しいアイデアに関心をもってもらうよう試みている。
    問題
    新しいアイデアへの抵抗勢力の中に、組織内に影響力をもつオピニオンリーダーがいる。

    45 根回し (Corridor Politics)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)もしくは正式な推進担当者(29)で、あなたの活動に大きな影響を及ぼしそうな意思決定がすぐ先にせまっている。意思決定者は同僚、あるいは少なくとも接触が可能な人物だ。
    問題
    新しいアイデアが大人数のミーティングでいきなり提案された場合、あらゆる意思決定者がもつ懸念点すべてを把握し対処することは困難だ。

    46 恐れは無用 (Fear Less)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)または正式な推進担当者(29)として、新しいアイデアの導入を進めようと考えているところだ。
    問題
    すべてのイノベーションは破壊的である。だから、抵抗勢力も破壊的になりうる。


    47 お試し期間 (Trial Run)


    状況
    あなたはエバンジェリスト(1)だ。人々が新しいアイデアに抱いている懸念をあなたの手で払拭しようとすれば、どんどん消耗して疲れてしまう。はっきりとした質問として現れることはなく、反論はいつの間にか消えてしまったりするものだからだ。
    問題
    組織内には、新しいアイデアへの異議を延々と唱え続ける人がいるものだ。新しいアイデアを採用する前に、すべての人の不安を和らげることは困難だ。不可能かもしれない。

    48 将軍の耳元でささやく (Whisper in the General's Ear)


    状況
    正式な推進担当者(29)として、新しいアイデアに対するマネジメントの支援を得ようとしている。しかし、プレゼンテーションでは説得できない面倒なマネージャーがいる。
    問題
    新しいアイデアに納得していないマネージャーのせいで、あなたの活動が前進できなくなる。




    おまけ。

    「そもそも、パターン・ランゲージって、なに?」という疑問には、下記江渡本がくわしく答えている。もっとも、マリリンダ本の第1部・第2部が、すべてのパターンを実践的にどのように使うか、応用例になっているので、原理原則よりも参考になるかもしれない。習うより慣れろである(習って、慣れて、また習う、というのがもっとも深く染みこむものだとはいえ)。

    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://orangeprose.blog.fc2.com/tb.php/1178-1ebbe380

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    counter

    FC2ブログ

    ブログ

    リコメンド




    ノートンインターネットセキュリティ


    ブログランキング

    QRコード

    QR

    メールで更新を受け取る



    提供:PINGOO!

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる