Entries

    集団的自衛権と中期防衛力整備計画

    昨日の閣議決定のニュースをNHKで見ていたら、なんとも不思議な気分になった。安倍晋三が会見を開いていた。安倍晋三の目的は明確すぎるほどわかるのに(共感できるという意味ではないが)、そのロジックの部分はまるで理解できるものではない、というか、「ロジック」というものを徹頭徹尾排除している話しぶりだった。 最近流行りの言葉で言うならば「ポエム化」ということになるのだろうが、ぼくは「ポエム」を罵倒語として...

    日本の近代化 #八重の桜

    未完の明治維新 (ちくま新書)posted with ヨメレバ坂野 潤治 筑摩書房 2007-03Amazon楽天ブックス7nethontoe-hon...

    #八重の桜 第13回「鉄砲と花嫁」の前に知っておきたい『管見』

    さて「禁門の変(元治元年・1864)」以後ですが。 (明治期に新政府が、「禁門」へ向けて銃を撃った印象を消す意図から「蛤御門の変」と改称。現在でもその検閲の名残が残っている) 第13回「鉄砲と花嫁」は、京都パートは「第一次長州征討(元治元年・1864)」が不発に終わるので、おそらく会津パートの、尚之助から八重へのプロポーズと結婚(慶応元年・1865)にたっぷり時間をかけるのでしょう。 (それとも、西郷隆盛の撤...

    #八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」の前に知っておきたい

    今年のNHK大河ドラマ『八重の桜』は、ぼくとしては、かなり久しぶりにハマったテレビドラマで(海外ドラマ除く)、『ライアーゲーム』以来じゃね?ってぐらい、テレビ画面に向かう習慣がついてしまった(アニメ除く)。 ぼくはいわゆる「がんばろう、福島」的なものが嫌いで、今年の大河のテーマも「震災を受けて急遽」決まったとのことで、正直言うと、見たくはなかった。 だって、「がんばろう、福島」って言葉には、「頑...

    河本準一は謝罪したという理由で叩かれなければならない

    河本準一の母親の生活保護の件についてこうやって書くのも「いまさら」という感がすでにしているのだが、 ここ数日韓国旅行に行っていたぼくの母親は、河本の会見さえ見てないので、メモがてら、書く。 まず経緯。 河本準一の母親が生活保護を受けている(た)のは「不正受給」にあたり、法的にまずいのでは? というハナシが、一部週刊誌などのイエロー・ジャーナリズムによって報道される。 2ちゃんねらーが、当然のっか...

    Appendix

    counter

    FC2ブログ

    ブログ

    リコメンド




    ノートンインターネットセキュリティ


    ブログランキング

    QRコード

    QR

    メールで更新を受け取る



    提供:PINGOO!

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる